福山雅治は木星人マイナス

2021年1月12日

福山雅治は、「生真面目な努力家」の木星人(マイナス)だった・・・

2016年の運勢

2015年は、「福山ロス」現象を生み出した突然の結婚報告で「立花」の年を飾った福山雅治。

2016年はその結婚生活がどうなるのか? 周囲の注目の中「健弱」というボディーブロー運勢が襲ってくる。

この「健弱」という運勢、「健康上の問題に悩まされがちな運勢」と言われているが、果たして…

六星占術「立花」の解釈

六星占術「健弱」の解釈

2015年、結婚の時の運勢

福山雅治が、突然の結婚発表!

相手は、吹石一恵(水星人プラス)・・・とのこと。

果たして、このタイミングでの結婚は、福山雅治にとってどうだったのか?

福山雅治(木星人-)と吹石一恵(水星人+)の六星占術上の相性

出会いから結婚の間の運勢

二人が出会ったのは4年前の2011年と言われている。

この時の木星人マイナスの運勢は、大殺界ど真ん中の「停止」。

六星占術「停止」の解釈

「大殺界の時に出会った人とは、どんなに愛し合っていても結婚に至らずに別れることになる」なんてことをどこかで読んだ人もいるかもしれませんね・・・(笑)

一時、「破局」と言われていた点は、「大殺界に出会った人らしい」ふるまいをしていた、ということもできますかね・・・

出会った2011年が「停止」、
2012年が「減退」、
2013年は大殺界が明けて「種子」、
2014年は「緑生」、
2015年は「立花」。

どん底の運勢の時に結婚すべき人と出会い、
以後、運勢の上昇と共に、愛が育って行った・・・

・・・と、そんなふうに解釈することができますね。

六星占術「立花」の解釈

今後はどうなる?

福山雅治にとって、2015年「立花」での結婚なので、 この年に結婚したことが、今後の流れを悪くする・・・ なんてことはないでしょう。

一方、水星人プラスの吹石一恵にとって、 2015年は「乱気」ということになりますが、 夫婦のうちの一方がいい運勢ならば、 もう一方の運勢が良くなかったとしても、 それほど気にすることはないでしょう。

・・・でないと、世の中、結婚できる人なんていなくなってしまいますからね・・・(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています