安室奈美恵は六星占術の何星人? 運勢とこれまでの歩みの関係

2017年に「2018年に引退」することを発表した安室奈美恵。

一体、この人は、六星占術の何星人なのか?

さらに、これまでの歩みと運勢の関係、2017年、2018年、2019年の運勢は?

安室奈美恵は金星人マイナス

安室奈美恵は、公表されている生年月日(1977/9/20)に照らすと、金星人-(マイナス)になります。

金星人は、流行りに敏感で、個性的で、独特のセンスを持っていると言われていますね。

安室奈美恵は、そういう意味で、典型的な金星人といえるかもしれません。

運勢と安室奈美恵の歩み

小室哲哉と組む前

1991年「安定」

ダンスパフォーマンスグループ「SUPER MONKEY’S」の結成メンバーに選出される。

1992年「陰影」

SUPER MONKEY’S が5人編成(当初は7人)になり、全国的な芸能活動をスタート。

1995年「種子」

エイベックスの天才プロデューサー・MAX松浦氏プロデュース曲「TRY ME 〜私を信じて〜」が累計売上73万枚のヒット。

※「TRY ME 〜私を信じて〜」は安室奈美恵ラストアルバム「Finally (3CD+DVD+スマプラ) [ 安室奈美恵 ]」にも収録※

10月、MAX松浦氏の仲間でもあった小室哲哉と出会い、以後、コムロ&アムロの最強コンビで時代を席巻していくことに。

小室&安室時代

1995年「種子」

リリース曲は「Body Feels EXIT」、「Chase the Chance」。

1996年「緑生」

リリース曲は「Don’t wanna cry」、「You’re my sunshine」、「a walk in the park」。

アルバム「SWEET 19 BLUES 」は、出荷350万枚で、当時の最高記録を樹立。

1997年「立花」

「CAN YOU CELEBRATE?」ほかをリリース。

10月、TRFのSAMとの結婚を発表。

1998年「健弱」

1年間の産休。

大晦日のNHK紅白歌合戦で復帰。

1999年「達成」

実母殺害事件が起こる。

2000年「乱気」

九州・沖縄サミットのイメージソング「NEVER END」をリリース。

2001年「再会」

1月に発売したリカットシングル「think of me/no more tears」が安室にとって最後の小室プロデュース曲になる。

SUITE CHIC時代

※SUITE CHICとは、R&B(リズム&ブルース)ならびにヒップホップ界を担うクリエイター達によるサウンドをバックに、安室奈美恵が歌うというプロジェクト。

2001年「再会」

完全限定生産のシングル「GOOD LIFE/Just Say So」をリリース。

これを機に、本格的にR&B・HIP HOP志向の曲をリリースするようになる。

2002年「財成」

「I WILL」ほかリリース。

SAMと離婚。

2003年「安定」

「WHEN POP HITS THE FAN」ほかリリース。

この頃から安室自身によるプロデュースがスタート。

独自スタイル確立期

以後、大物アーティスト・実力派アーティストとのコラボレーションを含め、バラエティに富んだスタイルでの活動が活発になる。

2014年以降

2014年「財成」


自身初となるバラード・ベストアルバム「Ballada(CD+DVD) 」をリリース。

2015年「安定」

1月、デビュー以来所属していたライジングプロダクションを脱退。

6月、個人事務所 stella 88 でマネジメントを開始。

2016年「陰影」

NHKリオ五輪テーマソング「Hero」リリース。

2017年「停止」

9月20日、2018年9月16日に引退することを発表。

11/8、オールタイム・ベストアルバム「Finally (3CD+DVD+スマプラ) [ 安室奈美恵 ]」をリリース。

2018年「減退」

集大成の年。

2019年「種子」

新たな周期の始まり。

スポンサードリンク