貴乃花は六星占術上、何星人?2017年・2018年の運勢は?

2018年7月25日

2017年、愛弟子・貴ノ岩が、時の横綱日馬富士らによる「かわいがり」により負傷させられ、おまけに、「報告義務を怠った」との理由により、自身も相撲協会巡業部長としての責任を追及され、挙句、理事解任という憂き目に遭った貴乃花。

そして、2018年2月2日、捨て身で理事選挙に立候補したものの、大方のマスコミ予想を下回る、わずか2票という得票で落選。

その後、投票方法が「記名式」に変更されて投票がなされたことが判明。これにより、一門をまたいで投票することが困難となり、貴乃花が票を集めにくくなった

こんな「踏んだり蹴ったり」の状況を見れば、貴乃花が六星占術上何星人で、2017年、2018年の運勢はどんなだろう? と気になってくるもの。

果たして・・・

貴乃花も金星人プラス(+)

貴乃花の六星占術上の分類も金星人プラス。

「も」と言ったのは、日馬富士も同じく金星人プラスだったから・・・

金星人は合理主義者で、悪しき風習やしきたりを毛嫌いする傾向にあるとされ、典型は織田信長にその特徴を見ることができると言われています。

貴乃花はそういう意味では典型的な金星人なのかも?

金星人プラス2017年・2018年の運勢

金星人プラスの2017年の運勢は「減退」。大殺界3期目。

そして、2018年の運勢は「種子」。

2017年を無事に過ごせば、2018年からは「一からスタート」の「種子」だったのに・・・

「大殺界も残り1、2カ月」というところで起こった貴乃花周辺の騒動。

六星占術ヲタから見れば、

「貴乃花も金星人プラスじゃなければ、もっと違った展開になったかもしれないのに・・・」

あるいは、

「大殺界中の2017年にああいうことがなければ、2018年理事選は、もっと違った結果になっていたのに・・・」

といったところでしょうか?

ただ、大殺界はもう過ぎ去りました。

ここ3年ほど足りなかった「運」は今後、戻って来ることでしょう。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています