「花子とアン」主題歌は、絢香・大殺界中のヒットソング

2017年1月18日

「♪これから始まる あなたの物語・・・」ですっかりお馴染みになった「花子とアン」の主題歌「にじいろ」は、女性シンガーソングライター絢香の曲。

この絢香、公表されている生年月日によれば、天王星人-(マイナス)。ちなみに、血液型はO型らしい。

スポンサードリンク

2014年は大殺界「減退」

天王星人マイナスの絢香にとって、2014年は大殺界3期目の「減退」にあたる。

それでも、絢香にとっての2014年は、ヒットソングに恵まれ、紅白歌合戦出場も果たし、少なくとも不調のどん底にあえぐような1年ではなかったはず。

大殺界にあるからといって、何でもかんでもうまく行かない・・・というわけではないことを、この人もまた証明してくれた。

夫・水嶋ヒロは天王星人プラス

絢香といえば、俳優・マルチクリエイターの水嶋ヒロの奥さんとしても有名。

その水嶋ヒロは同じ天王星人でプラスなので、2014年の運勢は「種子」。

この「夫の運勢」が妻に与える影響というのも多少はあったか?

夢が現実になった時の運勢

絢香と聞くと、もう随分と長いことシンガソングライターをやっていて、いい年齢に達しているのでは・・・? との印象を持ってしまいがちですが、デビューが若かったため、2014年末時点で、まだ余裕で20代。

シンガーソングライターのような仕事にありつくには、そういう才能が必要なのは勿論とはいえ、そういう才能を眠らせないで開花させることができたのはなぜか?
六星占術的な分析をしてみると・・・

緑生・立花でチャンスをつかむ

絢香が高校2年生の時(2004年「緑生」の時)、今では有名になった音楽スクール「音楽塾ヴォイス」に通い始めた。後に自身の代表曲になる「三日月」の作詞はこの頃に行ったという。

この音楽スクールで作ったデモテープによって、ワーナーミュージックと契約するに至り、翌2005年「立花」の時にデビューのために上京する。

2006年「健弱」の年に、ファーストシングル「I believe」でメジャーデビューを果たす。

結婚と事務所独立

水嶋ヒロとの結婚は、2009年「再会」の年。発表の時、バセドゥ病治療のための休養も宣言した。二人は同じ芸能事務所・研音の所属だったが、事前に事務所にはナイショにして結婚してしまったことで、事務所との関係が悪化したとの説が有力である。

・・・とすると、半ば「駆け落ち」のような形の結婚ということになるのだろう。

実際、この年~翌年2010年に、絢香、水嶋ヒロは事務所を退社。2010年「財成」の年に、絢香自身の楽曲管理会社を設立。

六星占術模範度はかなり高い?

こうしてデビューから結婚、事務所独立・・・と見てみると、「緑生」、「立花」でデビューのチャンスをつかみ、「再会」の年に結婚し、「財成」の年に楽曲管理会社を設立する・・・という手順を踏んでおり、これまでのところ、六星占術的には、かなり「模範的」な人生を歩んでいるといえそうだ。

スポンサードリンク