「花子とアン」鈴木亮平の血液型×六星占術

2017年1月18日

2014年春~秋放送のNHKの朝ドラ(連続テレビ小説)「花子とアン」で、花子の夫・村岡英治役として人気を博した鈴木亮平。

公表されている血液型はA型で、生年月日は1983年3月29日。∴水星人-(マイナス)

スポンサードリンク

水星人マイナスの理想的人生

代表作の一つになるであろう「花子とアン」が放映された2014年こそ「健弱」だったものの、要所要所では追い風な運勢の時にしっかりとキメてきた鈴木亮平。

簡単に過去の経歴を振り返ってみると・・・

業界初「水着キャンペーンボーイ」

「財成」の2006年、東レとデサントが共同開発した男性水着のキャンペーンのために、業界史上初の「水着キャンペーンボーイ」として選ばれる。

この勢いで、この年の7月、テレ朝系ドラマ「レガッタ〜君といた永遠~」で俳優デビューも果たす。

映画デビューも

「安定」の2007年、黒沢明作品のリバイバル映画「椿三十郎」(織田裕二主演)に、関口信吾役で出演。映画デビューを果たす。

結婚は「種子」の年

六星占術の本に「新しいことを始めると良い」と書かれてある「種子」の年・2011年に一般女性と結婚。

ドラマ主演

「花子とアン」ともう一つ、現時点で「主な出演作品」として挙げられるのが、「立花」の2013年に主演(白石隼也とのダブル主演)を務めたTBS系ドラマ「彼岸島」。

英語力を披露

鈴木亮平といえば、長身&肉体美以外に、語学堪能(東京外語大卒)という武器を持っていることで知られている。

「花子とアン」の中では、妻・花子(吉高由里子)が英語をしゃべり、村岡英治は「まるで英語はダメ」という役回りで、それを「ギャグ」と感じる視聴者もいたほど。

実際に「語学の鈴木亮平」らしさを発揮しているのは、「緑生」の2012年から司会を務めているFOXチャンネルの「FOX BACKSTAGE PASS」というハリウッド系エンタメ番組が有名。

また、映画「TOKYO TRIBE」の外国特派員協会会見では、流暢な英語を披露して話題を呼んだ。

スポンサードリンク