六星占術運勢「立花」の解釈

2021年1月3日

六星占術上、12年に1度訪れる「立花」という運勢。

12の運勢の中で、概念上、三番目に訪れる運勢とされ、また、「種子」「緑生」に続く運勢でもありますね。

「立花」の意味内容

六星占術上、「立花」は「種子」「緑生」に続いて訪れる “植物系の運勢" 。そういうものとして理解すれば、「立花」は、「一つの達成点」と言えるでしょう。

もっとも、運勢のパワーが今後さらに大きくなっていくことを思えば、あくまで「通過点」。この年の幸せは、今後、さらに大きくなっていくことでしょう。

「立花」の時の恋愛・結婚運

「立花」の時の仕事・勉強運

該当するのは

金星人プラス2020年

金星人マイナス2021年

・土星人プラス2022年

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています

運勢解釈

Posted by 夢子