川島なお美は天王星人+。失楽園の時の運勢&ガンと大殺界の関係

2017年1月18日

川島なお美さんが、2015年9月24日、自宅療養中に死去。

54歳の若さで・・・

「美人薄命」という言葉を思い出した人は、私だけではないはず・・・

スポンサードリンク

天王星人プラス

・・・とその川島なお美さん、

六星占術上の分類は、天王星人プラスでしたね・・・

天王星人ですから、

争いごとを好まず、愛情深く、

周囲の誰からも愛される・・・

そんな人だったんでしょうね・・・

 

親交のあった芸能人の人たちのコメントからも、

川嶋なお美さんが、天王星人らしく、気配りの人だったことがうかがわれますね・・・

スポンサードリンク

失楽園の時は「財成」

川島なお美さんの名を永遠のものにするであろう、

テレビ版失楽園への出演は、1997年のこと。

この時の天王星人プラスの運勢は「財成」。

「財成」と聞くと、この年に宝くじにでも当たるようなイメージがありますが、

川島さんの「失楽園」みたいに、

有形無形の「財産」が得られるという解釈も成り立ちそうですね。

結婚も「財成」の年

川島さんほどの美人大物女優になると、

結婚もおいそれとはしにくいのか、

また、ご本人も「妥協なしの結婚」を強調されていて、

アラフィフになって初めて、

5歳年下の人気パティシエ・鎧塚俊彦氏と結ばれました。

2009年のことで、やはり「財成」の年でした。

スポンサードリンク

大殺界中に胆管がんを患う?

すべてが順調・・・とも思われた川島さんでしたが、

2013年、人間ドックで腫瘍(胆管がん)が見つかりました。

2013年は、大殺界の3期目「減退」の時でした。

2014年、大殺界が明けて早々に手術を慣行。

この時は、特に大きな問題を抱えているようには見られなかったようでしたが、

2015年9月に入り、激やせした姿が周知され、

ミュージカルの降板が続いて発表されていましたね。

復調かなわず

大殺界が明けて2年目、2015年は「緑生」ということで、

これから天王星人プラスの運勢がどんどん上昇していく・・・

運勢も復調に味方するのでは・・・

と思われていたところだっただけに、

衝撃的な最期となりました・・・

スポンサードリンク