高橋大輔は水星人+(プラス)

2017年1月18日

2010年バンクーバー五輪銅メダリスト高橋大輔水星人+(プラス)

スポンサードリンク

2013年は「健弱」

2013年は「健弱」という運気の中、怪我との闘いを余儀なくされ、ソチ五輪選考対象の全日本選手権ではジャンプに失敗し、その際に指を切るという痛々しい姿を晒す事態にもなった。

2014年は「達成」

本人は「五輪はないと思う・・・」などとあきらめのコメントも残したが、選考委員は高橋を「指名」した。

この判断、六星占術的にも「正しかった」とえそうだ。

何せ、水星人+の2014年の運勢は「達成」

2月の運気も大殺界明けの「種子」ということで、願ってもない運勢にあるからだ。

事実、12月の全日本選手権の時には、周囲の目もはばからず涙を流した高橋だが、2月は、笑顔で観客、視聴者を魅了し、6位入賞を果たした。これで日本人フィギュア選手では初の「冬季五輪3大会連続入賞」となった。

スポンサードリンク