六星占術運勢「財成」の解釈

六星占術上、12年に1度訪れる「財成」という運勢。

12の運勢の中で、概念上、八番目に訪れる運勢とされ、「再会」の後、「安定」の前の運勢ですね。

「財成」の意味内容

「財成」という運勢。「財」が「成る」と書くわけですから、金のなる木が実を成らせるイメージで間違いないでしょう。

お金というのは、正しい人のところに集まるとは限らないものですが、この「財成」の時は、清く正しいあなたにもチャンスが訪れるはず。

あとは、嗅覚を磨き、情報を収集し、決断すること…ですね…。

2020年「財成」なのは?

2020年の運勢が「財成」なのは、木星人マイナスです。

※2021年が「財成」なのは、天王星人プラスです。

※2019年が「財成」だったのは、木星人プラスです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています

運勢解釈

Posted by 夢子