元サッカー日本代表・高松大樹が大分市議選で初当選!運勢も味方?

2017年8月22日

“ミスター・トリニータ”の異名を持つ元サッカー日本代表・高松大樹が、大分市議会議員選挙に初当選。

定数44に対し、49人が立候補。その中で、高松はトップ当選を果たしたとのこと(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170220-OYT1T50013.html)。

高松といえば、昔、toto(サッカーくじ)のテレビCMに出て「(何とかだ)ジェイ!」と言っていたのを思い出す・・・

スポンサードリンク

六星占術上は火星人マイナス

高松大樹の六星占術上の分類は火星人マイナス。

2017年の運勢は「種子」。

「種子」とは、12年1周期の六星占術運勢の「スタート地点」を暗示する運気。

前途は洋々?

ネットの反応

Jリーガー生活17年間のうち16年を大分で過ごした“ミスター・トリニータ”は「世界に誇れる街大分へ」とスポーツを生かした街づくりを訴えた。

「正直うれしいです。今から大分のため全力で恩返しできるように頑張っていきたいと思います」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000145-spnannex-socc

名無しさん
2017/02/20 05:13
本気で恩返しをしようと思って仕事してる政治家なんて、今まで出会った事がないなあ。
名無しさん
2017/02/20 05:44
知名度だけで当選した感じだな
名無しさん
2017/02/20 10:22
恩返しって簡単に言うけど、何もできないでしょ。
すぐに業界と仲良しになって癒着が始まるって。
スポーツだけでは幸せにはなれない。
名無しさん
2017/02/20 05:21
色々な偏見の目があるだろうが
負けないでガンバレ
名無しさん
2017/02/20 10:04
まあ市議ならいいんじゃない?市長とか国会議員に素人がなるのは勘弁してほしいけど。
名無しさん
2017/02/20 09:48
ある程度活躍した選手のセカンドキャリアとしての市議ってこれから増えるかもな

大分市議会議員は大分市民が選ぶもの。

参政権とは立候補する自由も含まれるもの。

立候補資格がある人が立候補し、投票権ある人が投票し、それで当選したということ。

それ以上でもそれ以下でもないのである。

スポンサードリンク