巨人・高橋由伸監督の六星占術2017年運勢

2017年6月8日

2017年6月7日、プロ野球巨人が、球団史上ワーストの12連敗を喫しました。

こうなるとつい「誰のせい?」という考えが頭をよぎったりするもの。

そういう場合に真っ先に浮かぶのが指揮官の顔・・・ということになるのですが・・・

スポンサードリンク

高橋由伸監督は金星人マイナス

公表されている生年月日(1975年4月3日)によると、高橋由伸監督は六星占術上、金星人-(マイナス)。

2017年の運勢は最悪

金星人マイナスということは、高橋由伸監督の2017年運勢は「停止」ということになります。

「停止」とはご存じの通り大殺界ど真ん中の運勢で、そして字の通り、「運勢が完全にストップ」した状態です。

仮に、物事の全てが運だけで決まるとするなら、「停止」のときには「何をやってもうまく行かない」ことになります。

でも本当は運のせいじゃなくてアノせい?

高橋由伸といえば、2015年シーズン、4割近い代打打率を残し、本人は翌年も現役を続行するつもりでいたところ、突如、「監督就任につき現役引退」に追い込まれた(?)経緯がありましたよね・・・

※原監督が監督を辞任し、ナベツネさんらから「お前監督やれ」と言われ、逆らえずに現役を引退。

なかば「仕方なく」監督に就任したと言われています。※

ネット上では、以上のような経緯から、

「無理やり監督に就任させられた腹いせに巨人に仕返しをしている」

などという言説がよく見られます。

いや、まさか・・・

でも、DeNAのラミレス監督や、阪神の金本監督なんかと比べると、

「チームを優勝させよう」

「チームを強くしよう」

「自分自身、監督として成功しよう」

といったギラギラしたものは全くと言っていいほど感じませんよね。

そうなるとやっぱり、運に頼らなければならないのかもしれませんけど、いかんせん「停止」では、それも難しいかな・・・

スポンサードリンク