スザンヌの運命を六星占術で占うと・・・

2017年1月18日

おバカタレントとして2007年頃にブレイクし、その後、元福岡ソフトバンクホークスのエース・斎藤和巳投手と結婚したスザンヌ。

2014年に第一子(男の子)を出産した後、2015年3月に離婚。

悪びれることのない、涙涙の離婚記者会見で、多くの女性の共感を誘った。

そんなスザンヌは、公表されている生年月日によれば、木星人プラス霊合星人

スポンサードリンク

スザンヌの運勢

木星人プラス霊合星人の運勢は、木星人プラスと金星人プラスの両方の運勢が関係する。

そして、スザンヌのブレイク年とされている2007年の木星人プラスの運勢は「財成」。それに影響を与えるとされる金星人プラスの運勢は「緑生」。

また、離婚した2015年の運勢は、ベースとなる木星人プラスが「健弱」、影響を与えるとされる金星人プラスが大殺界の始まり「陰影」。

霊合星人の場合、いい時と悪い時の差が激しく、また、6年に1度、最高の運気と最悪の運気の影響を同時に受けることになる。

結婚したのは大殺界

スザンヌが斎藤和巳と結婚したのは2011年。

この年の木星人プラスの運勢は大殺界「減退」で、金星人プラスの運勢は中殺界「乱気」。

一方、斎藤は火星人マイナスで、2011年の運勢は「再会」。

斎藤にとっては、「いい時期に結婚した」ということになるか・・・

2015年は斎藤にとって大殺界

斎藤にとって、2014年は大殺界の始まり「陰影」、そして、離婚した2015年は大殺界ど真ん中の「停止」。

「難しい結婚」だった?

・・・というわけで、スザンヌ「健弱」「陰影」、斎藤「停止」の2015年に二人が離婚・・・ということになってしまった・・・

こうやってみてしまうと、あたかも六星占術の運勢が2人を直撃したかのようだが、そうであるなら、逆にもうちょっと辛抱していれば、運勢の回復とともに、事態は好転した・・・と言えるかもしれない・・・

スポンサードリンク