クリスチャーノ・ロナウドは金星人-

2017年1月18日

サッカー界の「色男」・ポルトガル代表のクリスチャーノ・ロナウドは、公表されている生年月日によれば金星人-(マイナス)

スポンサードリンク


金星人-にとって、2013年からの3年間は、「再会」「財成」「安定」と好調な運気が続く。

そんな中、2013年は、所属クラブのレアルマドリードでもポルトガル代表でも大活躍。計69ゴールを挙げる。

2013~2014シーズンのチャンピンズリーグでは、グループリーグの最多ゴール記録(9得点)を樹立。決勝トーナメントのゴール数と合わせた計17得点は、大会最多ゴール数記録をも更新した。

2014年1月に発表された2013年度FIFAバロンドール(サッカーの世界年間最優秀選手賞)を初受賞。
※ちなみに、前年(2012年)、前々年度はいずれも次点(受賞者はいずれもリオネル・メッシ)。

サッカー以外でも「人気者」

クリスチャーノ・ロナウド(以下、クリロナ)は、そのイケメンぶりがよく取り上げられ、それに絡めた女性問題が何かと話題になる。

金星人というのは、既成の枠にとらわれることを嫌うなどと本には書かれてあるが、次から次へと忍び寄る美女の影に、クリロナ自身、何の歯止めもなく反応するというスタンスなのかもしれない。

2010年「達成」の年、ワールドカップ南アフリカ大会後に、子供が誕生し父親になったことをクリロナ自身が公表したが、その時点で、その母親とは別のモデル女性と交際していたことも知られている。

また、クリロナが怪我をしたとき、元カノの依頼により呪いをかけたとする呪術師が登場したりと、このテの話は尽きない上にバラエティに富んでいる。

2016年から大殺界

今や人生を謳歌するクリロナも、2016年(2月に31歳になる)から3年間は「大殺界」を迎える。果たして、「この世の春」の勢いは、大殺界という冬の時期をも跳ねのけるのか?要注目である。

スポンサードリンク