W杯メンバー・西川周作は火星人+

2017年1月18日

2014サッカーワールドカップブラジル大会・日本代表メンバーの西川周作(ポジションはGK)は、火星人+(プラス)

スポンサードリンク

2018年が勝負の年?

正GKが川島とされているザックジャパンにおいて、第2GKとして出番をうかがう西川であるが、火星人+の西川にとって、2014年は大殺界ど真ん中の「停止」

最大のライバル川島(木星人-)の運勢が「緑生」とまずまずなだけに、2014年ワールドカップは「下積みのための大会」ということになりそうだ。

ただ、4年後の2018年が「立花」となるので、穏やかな気持ちで時が来るのを待つことが、やがて大きな花を咲かせることになるのだろう・・・

西川の過去・現在・未来

2010年W杯南アフリカ大会では、第3GKとしての選出が期待されたが、川口能活がいわゆる「サプライズ選出」されたことの煽りを受け落選。

もっとも、2010年から2012年の3年間は、「再会」、「財成」、「安定」の好調期にあったこともあり、移籍した広島でレギュラー獲得~チームの優勝に大きく貢献。

大殺界中の2014年には浦和に移籍。2016年以降の「種子」、「緑生」、「立花」の上昇機運を睨んで、現在はさらなる力を蓄えているといったところか・・・。

スポンサードリンク