陣内智則は天王星人+(プラス)

2017年1月18日

いつまで経っても「藤原紀香の・・・」という形容詞がついて回る陣内智則、最近はダレソレとの二股疑惑で話題を呼んでいる。

真相が何であるかはともかく、六星占術上の分類では陣内智則は天王星人+(プラス)

スポンサードリンク

大殺界を抜けた今・・・

その天王星人+の2014年の運勢は「種子」。昨年2013年までの3年間は大殺界だったところ、今年はそこを抜け出し、新たな12の周期に入ることになるという。
詳しくは↓↓↓
【送料無料】六星占術による天王星人の運命 平成26年版 [ 細木 数子 ]

※ちなみに、血液型はO型らしい・・・

天王星人の性格は「ルーズな博愛主義者」・・・のようなものだったはず。ルーズではあっても、心の優しい人間性から、周囲の人からは好かれるタイプという、ある意味「幸せな人」ということか?

それが時には幸いし、時には災いする・・・のだろう・・・

結婚・離婚の時期

藤原紀香と結婚したのが2007年、このときの陣内の運勢は「乱気」。

ちなみに、藤原紀香は火星人-(マイナス)で、2007年の運勢は「立花」であった・・・

その後、2009年に二人は離婚。そのときの陣内の運勢は「財成」で、紀香の運勢は「達成」・・・。

これだけ見れば、運勢上は「可もなく不可もなく」といった時期での結婚・離婚ということになるのだろう・・・

陣内の2014年以降

天王星人+の陣内は、大殺界から抜け出したばかりなので、六星占術上は、「向かうところ敵なし」といえそうだが・・・

特に2014年の「種子」という運気は、「新たなスタート」を意味すると考えられる。

もっとも、その種子は、過去12年間の「実」から生まれたもの・・・と捉えることもができる。

いずれにしても、2014年「種子」、2015年「緑生」、2016年「立花」と続く成長期に、どのような変化を遂げるのか、ちょっと注目してみたいところ。

スポンサードリンク